職場での精神的ストレスに限界を感じたら?5つの症状・改善策

ビジネス

職場での精神的ストレスをうまく発散することってできてますか?

日々の仕事の中で、上司や取引先、お客様など職場や人間関係でストレスを感じることって多々ありますよね。

そのストレスが限界に達すると

<職場では>

  • イライラして仕事に集中できない
  • 思うように仕事がこなせない/ヤル気がなくなる
  • 暗くなる

<生活面では>

  • 疲労感を感じる
  • 食事がうまく喉に通らない
  • 考え込んで眠れない/睡眠不足になる

<更に進むと>

  • めまい/吐き気
  • うつ病
  • 精神的疾患
  • パニック障害

などといった様々な悪影響を及ぼしてしまいます。そうならない為にも、あなたが職場での精神的ストレスを溜めやすい性格なのかを知っておくことが必要なのです。

「ストレスで毎日疲労感を感じる」

「ストレス発散するにはどうしたらいい?」

そう感じる方は、是非一度チェックしてみてください。

精神的ストレスを溜めやすい 代表的な5つの性格とは?

職場での精神的ストレスを感じた時、休日やあまった時間を利用して趣味やスポーツなどで発散したり、元々あまりストレスだと感じない方は、それをうまく受け流せる方がほとんどだと思います。

しかし中にはストレスをため込んだまま限界に達し、発散することが苦手な性格の方も中にはいらっしゃいます。

そこでまず、最も精神的ストレスを溜めやすいのはどんな性格なのか?

主に5つの性格を例に挙げてみました。

生真面目な性格

  • 何に対しても固く考えすぎて、自分を追い込んでしまう。
  • 与えられた仕事に対し、気を抜くことができず無理しがちになる。「押す」一方で「引く」ことができない。
  • 過度な心配性

常に完璧を求める性格

  • 常に自分は完璧主義者だと思い込んでいる。
  • 多少の失敗を許すことができず、いつまでも考え込んでしまう。または自分の完璧な性格を他人に押し付ける。
  • 寛容さに欠けている。

短気・愚痴っぽい性格

  • 嫌な事や意に沿わない事が起こった時に、イライラしたり、怒ったりと自分をコントロールすることができず、いつまでも引きずる。
  • 職場の上司などに言われたことに対し、常に否定的態度をとったり、口に出す。
  • 実はどうでもいいこと、根拠もないのにくどくどと常に愚痴る。愚痴らないと不満が解消しない。

イエスマン・内向的な性格

  • 自分の能力以上の仕事を上司から任されたときや、無理難題を言われたときなど「NO!」と言えず、本当の気持ちを伝えることができない。
  • 会話が苦手。
  • ささいな事を注意されただけでも、マイナスイメージでしか考えられず 自分を責める。
  • 職場の中でコミュニケーションをとるのが苦手で、和に入る事ができず常に孤立する。

ド緊張な性格

  • 任された商談やプレゼンテーション、また取引先や上司に発言する時など、緊張してうまく言葉を伝えることができない。
  • 注意、指摘を受けた時に、頭の中がパニックになる。

この5つの性格に共通する点は、自分や相手に対して常にマイナス思考(ネガティブさ)であることです。

限界にtそのまま放置していても改善の余地はなく、時間が経つにつれ、更に精神的なストレスを抱えることになります。

なるべく早いうちに、ストレスを発散させる方法を見つけることが必要です。

どうすれば職場でのストレスを発散することができるの?

「色々試しているけれども、あまり効果がない」

「どうしても頭の中で考え込んでしまって…💦」

ムヤムヤ感やイライラ感をなるべく早く発散したいけれども、なかなかそういう訳にはいきませんよね‼

そこで、職場での精神的ストレスを発散するために、誰でも簡単にできる 効率のよい方法をご紹介していきます。

行動的発散法

  • 食べる、飲む
  • 自分に合っている趣味を見つける
  • 観光、ドライブに行く
  • 感動する映画で思いっきり泣く
  • 自分の好きな音楽を聴く
  • カラオケに行って大声で歌う
  • 自分の好きな本を読む
  • 自分の合いそうな習い事、資格の勉強をする
  • 日記をつける、ブログを更新する
  • ペットを飼う

行動的発散法は、あなたがその気になれば、誰だって簡単に取り入れることができます。

「食べる、飲む」については、好きなものを食べて飲んで満足感を得るため、ストレス発散には多くの人が取り入れているみたいですが、食べすぎ飲みすぎで、過食症、糖尿病、臓器疾患などなり、逆に精神的なストレスを溜め込むことになりますので、適度の量でおさえてくださいね。

精神的発散法

  • 常にプラス思考(ポジティブ)に考える
  • 逆の発想で変えてみる
  • 「まあ いいか」「どうでもいい」「しょうがない」と楽観的に考える
  • 「相手が…だから」「あいつのせいで…」ではなく、「自分はどうだった」と反省、素直な気持ちになる
  • 自分が自分を評価するのではなく、相手が自分を評価されるものと考える

精神的発散法は、率直に言うと あなたのマイナス思考の性格を180度変えてみるということです。

「いまさら性格を変えるのは難しい」とお思いでしょうが、そうではありません。あなたのプラス思考の引き出しを増やしていけばいいんです。

精神的ストレスを発散できない方には、困難であり勇気がいることだと思いますが、少しずつでも実践してみてはいかがでしょうか。

その方のストレス度にもよりますが、ひとつクリアすることで、少しはストレス発散に役立つかと思います。

まとめ

職場での精神的ストレスを溜めやすい5つの性格や、発散方法についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

先ほども説明した通り、精神的ストレスは誰だって さまざまな事で悩んだり、苦しんだりします。

そこで、プラス思考になるのか、マイナス思考になるのかで、あなたのストレス度は変わってきます。

まずは色々と考え込まないこと。その時は目をつむり、身体をリラックスして頭の中を真っ白にしてください。最後に私が悩んでいる時にこう思うようにしています。

「自分は全然大丈夫!!」だと。ご参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました