お役立ち情報局

私が役に立った情報や今実践していることなどを発信しているブログです。少しでもお役に立てれば幸いです。良かったら覗いてみて下さい!

未分類 病気

乳癌の検診費用はいくら掛かるの?20代・30代の方必見!

投稿日:2016年8月17日 更新日:


胸痛
最近、芸能人のニュースなどでも話題となっている「乳癌」。

私の祖母も約20年前の50代の時に乳癌でしたが、早期発見だったため、転移はしておらず、乳房の切除で一命は取り止め、今も元気に生活しております。

以前は50代や60代の方が発症されることが多かった乳癌ですが、現在は若年化していて20代や30代で乳癌になってしまうことも少なくありません。

今までは、そこまで心配していなかったけど、ニュースなどを見てしまうと「私は大丈夫かな?」と気になるようになった20代、30代の方も多いのではないでしょうか。

また、行った方が良いと思っていても

  • 時間が無く、なかなか検診に行けない
  • まだ若いし、行かなくても大丈夫!
  • あまり詳しくは知らないし、面倒くさい

などと、思われている方が多いのも事実です。

今回は、そんな乳癌の検診費用や検査内容について、分かりやすくまとめてみました。


乳癌検診の費用はいくらぐらい?

まず、乳癌検診の費用が、いくらぐらい掛かるのか知っておきましょう。

40代以上の女性の場合は、自治体が行っている検診(偶数年の年に一度というのが一般的)で、無料~3000円ほどで受診できることが多いのですが、20代、30代の乳癌検診の場合は法定検診ではない為、全額自己負担が基本となります。
ですから、20代、30代の方は費用的には少し負担が大きくなります。

また、検査の内容にもよりますが、マンモグラフィー検査やエコー(超音波)検査の有無などによっても異なります。20代、30代の場合、大体以下のような金額となります。(※病院やクリニックなどによって金額が異なります。)

 

項目   金額
診察代 約5000円前後
マンモグラフィ 約5000円前後
エコー(超音波) 約3500円前後
合計 約10000円~約15000円前後

 

このように、エコー(超音波)検査まで実施した場合、約15,000円となりますし、診察(触診)とマンモグラフィだけだと約10,000円ほどで診てもらえます。また、触診で男性医師に見られたり触られるのが気になるという場合は、女性医師や看護師などで対応している病院などもありますので、近くの病院などに問い合わせてみましょう。

 

自治体によっては、35才の乳癌検診を行っている場合もあるのでお住まいの市町村(市役所)に問い合わせてみましょう。(20代の乳癌検診については、ほとんど自治体では行われていません)

 

若い方でも、乳癌で苦しんでいる方が多くいらっしゃるので、20代、30代でも負担額が少なく検診を受けられるようにするとか、20歳・30歳の節目に自治体が無料検診を実施するなど、何かして欲しいですね。

 

乳癌検診ってどんな事をするの?

はてなgirl

ここまで乳癌検診の費用についてお伝えしてきました、大体の金額はお分かりいただけましたでしょうか?

では、次に検診の内容(種類)についてご紹介していきます。

大まかには「診察(触診)」「マンモグラフィー検査」「エコー(超音波)検査」となっておりますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • 触診

触診とは、お医者さんが、皮膚や乳房の形を目と手で確認する大切な検査なのです。男性医師に触られるのは…という方は、女性医師のいる病院を選ぶと安心です。(予め予約が必要となる事が多いので、病院に直接問い合わせましょう。)

  • マンモグラフィー検査

マンモグラフィーは、専用の検査室内で、アクリル板で乳房を挟み、平らに押しつぶしたような状態で撮影し、乳房のしこりや石灰化などの病変を発見する為に非常に重要な検査となります。脂肪組織は黒く写り、しこりや石灰化をしている部分があると白く写ります。検査時間も、10分も掛からず、短時間で済みますので、マンモグラフィ検査は受けるようにしましょう。

ただ、人によっては痛みが生じることもあるようですので、心の準備をしていってくださいね!

  • エコー(超音波)検査

エコー(超音波)検査は、乳房に特殊なゼリーを塗り超音波装置を当てて、プローブとよばれる機械をすべらせ乳房の中の様子を写す検査です。乳房の中を、画像で写す事によって、しこり等が良性か悪性かの見極めをつきやすくする事ができるのです。

痛みもなく、最後に乳房に塗ったゼリーを拭いて終了となります。
エコー(超音波)検査も、10分ほどの短時間で済みます。


このような検査が一般的に行われています。

マンモグラフィー検査と触診のみや、痛いのが嫌なので、エコー(超音波)検査と触診のみなどと希望することもできるのですが、できればマンモグラフィー検査は受けた方が良いと言われています。(妊娠中などの理由によって、受けられない場合もあります)

ただ、マンモグラフィー検査でも映らない部分があるのです。
20代や30代女性の乳腺は、まだまだ発達している時期なので、乳癌や石灰化が見えにくい状態になっています。

また、逆にエコー検査だけでも見えなかったり、映らない部分もあるのです。

ですから、より検査の正確さを求める場合は、両方で検査して、さらに触診をしてもらうのが一番良いのです。

とは言っても、いきなりの乳癌検診は怖いですよね!

まずは、検診に行く前にセルフチェックしてみましょう。



検診の前にセルフチェックを!

乳癌検診に行く前に自分で触診してセルフチェックをしてみましょう。

方法は簡単です!

以下の動画が、とてもわかりやすいので参考にしてみてください。

<動画引用元>https://www.youtube.com/watch?v=TX6vNh744SY

どうでしたか?気になる箇所はありましたか?

もし「気になる箇所があった!」という場合は、一人で悩まずにお母さんや友達に相談し、一緒に病院へついて行ってもらうなどしましょう。

 

まとめ

今回は、乳癌の検診費用や検査内容についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

今のところ20代や30代の場合は、法定検診ではない為、10000円~15000円の費用が掛かりますが、放っておくと大変です。

まだ若いから大丈夫!ではなく、まだ若い今のうちから、定期的にこまめに受診して予防や早期発見を心がけましょう。
特に、血縁者に乳癌を発症された方がいる場合は、毎年受けることが望ましいです。

乳癌は、早期発見できれば治る率がとても高いので、少しでも、早く検診に行くようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-未分類, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

坂本龍馬が暗殺された場所『京都 近江屋』アクセス方法・実行犯は?

京都は、平安時代から江戸時代までのあいだ首都として栄え、政治経済の中心でありました。 名だたる偉人たちは、その京都にさまざまな文化財・史跡を残し、世界的な観光スポットとしてたくさんの観光客が足を運んで …

坂本龍馬の足跡を辿る~高知 月の名所桂浜~

坂本龍馬が生まれ育った街 高知県へ! 坂本龍馬の史跡を巡るのが趣味なのですが、私の在住する大阪または京都など近場しか観光したことがなく、今回は仕事休みを利用し、以前から行ってみたかった土佐に一人旅。 …

ダイエットしてなぜ痩せないの?効果的ではない代表的な4つの原因

いろんなダイエットを試しているけど、全く効果がない! ダイエットして痩せても、またすぐ太ってしまう! 「痩せたい!」と悩んでいる方は、永遠のテーマですよね。 でもあなたが今しているダイエットって そも …

有酸素運動がダイエットに効果抜群!誰でも簡単おすすめ6選

皆さんはどんなダイエット方法を試されていますか? TV・メディアや雑誌などで、色んなダイエット方法を取り上げるとそれがブームになり、それが過ぎるとまた違うダイエット…。 本当に効果的なダイエット方法は …

栗拾いができる大阪のおすすめ3スポットをご紹介!

いよいよ栗拾いシーズン到来ですね! 関西だけでもたくさんの栗拾いおすすめスポットがありますが、栗拾いのためにわざわざ朝早起きして、遠くのスポットに行くのもちょっとめんどくさくないですか? 私はめんどく …