お役立ち情報局

私が役に立った情報や今実践していることなどを発信しているブログです。少しでもお役に立てれば幸いです。良かったら覗いてみて下さい!

ダイエット 未分類

有酸素運動がダイエットに効果抜群!誰でも簡単おすすめ6選

投稿日:



皆さんはどんなダイエット方法を試されていますか?

TV・メディアや雑誌などで、色んなダイエット方法を取り上げるとそれがブームになり、それが過ぎるとまた違うダイエット…。

本当に効果的なダイエット方法は何なのかよく分からなくなってきますが…。

 

以前、私も身長が170㎝足らずで体重がMAXで80㎏手前までと…、

会社の健康診断の結果を見るたびに

「太りすぎ」

との印字が…、やはり気になってしまいます。

そこで一大決心し、ある方法でダイエットを敢行!!

結果、2か月で約15㎏減の65㎏に成功しました!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドクターエア EMSエクサパッド10 EMS-002[あす楽対応]
価格:12800円(税込、送料無料) (2018/3/17時点)

 

そのダイエット方法とは、「有酸素運動」です。

これは経験上、驚くべき効果を実感しました。

身体が変わっていくのが手に取って分かってきますから おすすめします。

もちろんその後も持続はしていかないとダメですけどね( ´∀` )。

 

まずは、有酸素運動がなぜダイエットに効果的なのか…、簡単に説明していきます。

有酸素運動がダイエットに効果的なのはなぜ?


有酸素運動って何?と思われる方もいるかと思いますが、読んで字のごとく酸素を取り込んで脂肪や糖質を燃焼させる運動です。

例えばマラソンなど、ある程度の長い時間、身体に「負荷」をかけ燃焼する方法が「有酸素運動」、

短距離走、筋トレなど、酸素を消費しないで筋力の収縮でエネルギーを燃焼する方法が「無酸素運動」です。

どちらも効果はありますが、ダイエットメインで考えると筋力重視の無酸素運動より有酸素運動の方が、脂肪の燃焼率が高いので痩せやすく すぐに効果が出やすくなります。

運動以外にも幾種類ものダイエット方法がありますが、

・運動が苦手

・運動不足

・食事制限

・偏った栄養しか取らない

・加齢

・ストレス

・睡眠不足

などの方は、身体や筋肉の基礎代謝が低下しているので、糖分や脂肪が燃焼しにくく太りやすい体質になっています。

まずは活発な基礎代謝をつくっていかないと、思う通りに体重は減ってはくれません。

なので、手っ取り早くダイエットしたい!と思っている方は、有酸素運動が一番効果的なんです。

誰でも始められる代表的な有酸素運動


有酸素運動で最も効果的な時間は、あなたのできる範囲で身体を動かして 汗が出だしてきたなぁ~と思うくらいが脂肪や糖分が燃焼され、基礎代謝が活発になっている まさにその時なんです。

なので運動時間ははじめは10分程度でもOK!!

無理な運動はする必要ありません!

ただし、その運動サイクルを出来る限り毎日、持続していくことが肝心なんです。

 

例えばランニングの有酸素運動において消費するエネルギーは

『消費エネルギー(kcal)= 体重(kg)× ランニングの距離(km)』です。

これを元に楽しくダイエットをはじめるのもいいかと思います。

 

あなたも簡単に始められる 代表的な有酸素運動をご紹介しますので、良ければ是非参考にしてくださいね。

ジョギング


ジョギングダイエットは”定番”で、最も効果的な有酸素運動といえます。

ワンポイントとしては、はじめから無理なスピードで走る必要はありません。

また、走りながら人と会話ができるくらいのゆっくりなスピード(ジョック程度)で十分です。

はじめは10分程度、身体が慣れてくれば徐々にジョギングの時間を延ばしていくことが、理想の有酸素運動が得られ、長く続ける秘訣です。

ウォーキング

ジョギングほどすぐには効果がでないものの、やはりウォーキングもダイエットには効果的な有酸素運動です。

やや早歩き、階段や坂などの昇降運動もコースに取り入れると、より効果的です。

また運動する…という観点からではなく、景色を楽しみながら、美味しい空気を吸いながら 散歩感覚で始めてみてはいかがでしょうか。

サイクリング


ジョギングやウォーキングよりは消費カロリーが少ないものの、これも有酸素運動の代表的なダイエット方法です。

足腰にあまり負担がかからないので、歩いたり走るのがのがイヤ!な方にはサイクリングはおすすめです。

ただし短時間のサイクリングでは、あまり有酸素運動の効果は得られません。

身体が慣れてきたら、最低30分以上は目標にしたいですね。

DVD


最近運動系のDVDが流行っていますが、家の中で誰にも見られることがないので、一人でも楽しくできる効果的な有酸素運動です。

エクササイズ・ピラティス・ヨガ・シャドウボクシングなど、身体全体を使って動かすことができるDVDをおすすめします。

私も以前、流行っていた「ビリーズブートキャンプ」を一時期やっていたことがありますが、何せキツイ!!

はじめから全部💦とまでは「とても無理!!」だと思いますので、徐々にゆっくりはじめましょう。

縄跳び


すぐには有酸素運動の効果は出にくいですが おすすめです。

縄跳びは飛ぶ時に ひざをできる範囲に高く上げるのがポイント!

例えば5分間を3セットと目標を立て、やり遂げる努力をしましょう。

ラジオ体操


高齢者や子供たちが健康のためによく見かける「ラジオ体操」。

でもこれって身体全体を動かすトレーニングなので、有酸素運動には効果的なんですよ。

中国の「太極拳」と類似しています。

どちらも同じ。ゆっくり時間をかけてトレーニングしてください。

身体全体を動かすこと が有酸素運動の基本


運動はしんどいので続かない…、そう思っている方って結構いらっしゃるんですよね。

でもそれって、身体に無理がかかる運動、長時間の運動などイメージしていませんか?

そう思われているのであれば 根本的に間違っています。

 

「身体全体を動かすこと=活発な基礎代謝になっていく」を基本に考えてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドクターエア EMSエクサパッド10 EMS-002[あす楽対応]
価格:12800円(税込、送料無料) (2018/3/17時点)

 

例えば旅行など出かけた時、ひと駅の電車やバスに乗るのではなく、景色を楽しみながら歩いてみる。

また、あなたのお住まいのマンションなどのエレベーターを使わず、何階か 階段を使ってみる…。

 

そういうささいな行動だけでも有酸素運動の効果が得られますし、基本代謝が活発になっていきます。

まとめ

有酸素運動がなぜダイエットに効果的なのか、

また簡単にできる 代表的な有酸素運動をご紹介させていただきました。

簡潔ではございましたが いかがだったでしょうか?

有酸素運動はダイエットのほか、さまざまな効果が得られます。

心肺機能、生活習慣病の改善・脳の促進・コレステロール値の改善・ストレスの緩和など、更なる健康改善にも繋がります。

私も有酸素運動を体験し、もちろんダイエット目的だったのですが、さらに身体が軽く 健康的になってきたと実感しています。

ただしオーバーワークはケガの元、あなたのできるペースではじめていってくださいね。

最後までご覧いただき ありがとうございました。

 

ダイエットしてなぜ痩せないの?効果的ではない代表的な4つの原因

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-ダイエット, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

母の日プレゼント|50代からご年配の方はこれがおすすめ!

皆さんは母の日のプレゼントはもう決まりましたか? 母の日と言えば、5月の第2週目の日曜日…。 日頃お世話になっているお母さんに、心のこもったプレゼントを送って感謝を伝えたい。 でも50代か …

乳癌の検診費用はいくら掛かるの?20代・30代の方必見!

最近、芸能人のニュースなどでも話題となっている「乳癌」。 私の祖母も約20年前の50代の時に乳癌でしたが、早期発見だったため、転移はしておらず、乳房の切除で一命は取り止め、今も元気に生活しております。 …

ダイエットしてなぜ痩せないの?効果的ではない代表的な4つの原因

いろんなダイエットを試しているけど、全く効果がない! ダイエットして痩せても、またすぐ太ってしまう! 「痩せたい!」と悩んでいる方は、永遠のテーマですよね。 でもあなたが今しているダイエットって そも …

糸井選手 FAで阪神へ移籍 もたらす効果は?

オリックスバッファローズから、国内FA(フリーエージェント)宣言を行使した糸井嘉男外野手(35)が、阪神タイガースへ移籍することを決断し、21日の午前中 オリックスに断りの連絡を入れ、午後1時頃 阪神 …

栗拾いができる大阪のおすすめ3スポットをご紹介!

いよいよ栗拾いシーズン到来ですね! 関西だけでもたくさんの栗拾いおすすめスポットがありますが、栗拾いのためにわざわざ朝早起きして、遠くのスポットに行くのもちょっとめんどくさくないですか? 私はめんどく …